買い取りをしてもらうことである意味切手をわかっているといえる?

切手の中には鑑定士でなければ価値が解らないものも

切手の価値は郵便物に利用する場合と、コレクションする場合の2つがあります。
郵便物に利用する場合の切手の価値は切手に記載されている額面通りの価値となり、コレクションする場合の価値は額面を基準にしていると言った違いが在ります。
切手を買取りするお店の中には、切手の価値がマニュアル化されていて、このような切手は幾らで買取りすると言った決まったルールに基づいているケースもあります。
マニュアル化されているため、切手の知識が無い場合でも買取りが出来ると言う事にもなるわけです。
切手のコレクションにおける価値は奥が深く、同じような図柄の切手でも、微妙なデザインの違いにより発行年度が異なるものも在りますし、中には透かしが入っているものと入っていないと言った具合に切手に対する知識が必要になるもの存在しています。

手彫り切手は希少性が高い

竜切手は日本の中で最初に発行された郵便切手で、現在の普通切手に相当するものです。
竜切手は手彫り印刷によるもので、版を手彫りで製作し、印刷を行っているのが特徴です。
竜切手にはじっくりと見ないと解らない違いが数多く在り、手彫りと言う事からも発行された時期に応じて色々な種類が存在しています。
手作業で版を彫り込んで作っているため、微妙な違いが在り、こうした違いを熟知しているのが切手商などの鑑定人です。
切手買取りを利用する場合、切手の価値を正確に見出してくれるのが鑑定士であり、竜切手などは現存数が少ないため、切手自体の希少価値は高いのですが、版の違いなどにより価値の違いが在ると言われているため、希少価値を持つ切手は専門家に査定を依頼する事が大切です。