いつ切手を売るの、今でしょう!

古い時代の切手が沢山有るけれど

切手は額面を下回る金額で取引が行われる、今売らないと価値はどんどん下がってしまい、売れなくなるなどと言われています。
しかし、切手を買取りしているお店が沢山あること、日本の切手はデザインの良さ、色合いの良さなどから外国人からの人気を集めており、海外の中では日本切手は注目を集めているとも言われています。
買取りされた切手は、日本の中で流通されるものもあれば、海を渡って異国の地で取引が行われることもあるなど、まだ切手の価値は残っていると言えましょう。
古い時代の切手が沢山有ると言った場合は、切手を買取りしている専門のお店を利用する事で、査定料など掛けずに売る事が出来ますし、プレミアを持つ切手が含まれているかもしれません。

買取り事例を参考にしましょう

切手を買取りするお店にホームページが在る場合、サイト内で買取り事例をチェックする事も出来ます。
どのような切手が高く売れるのか、買取り事例を見れば一目瞭然です。
切手はバラ品よりもシート単位の方が高く売る事が出来るため、シートで保管されている場合はそのままの状態で査定を受けてみましょう。
バラ品の場合も、四隅の目打ちが綺麗なものは査定評価が高くなりますし、切手ブームが起きる以前の時代の切手などは希少価値が高いものが多くあるため、バラ品でも売る事が出来ます。
切手ブームが起きた後の切手の中にもプレミアが付いているものがあるので、こうした切手が含まれている事で買取り価格が高額になる事も珍しくありませんし、切手の状態が良ければ高価買取りして貰えます。